top of page
AdobeStock_472775019.jpeg

中小企業経営者の皆さまへ
がん安心サポー

がんの超早期発見
治療費軽減
回復時間短縮
社会早期復帰サポート

企業の未来は、経営者の皆さまの健康から始まる。
がんリスクを最小限に抑える健康な未来への一歩!

中小企業経営者ががんに罹患すると、それは単なる個人の問題に留まりません。会社の運営、家族の安心、従業員の生活全てが脅かされるのです。

そこで私たちは、「がん安心サポート」事業を立ち上げました。

このプログラムは、経営者の皆さまが直面する健康リスクを最小限に抑え、安心して事業運営に専念できるよう支援することを目指しています。

 

企業経営者の皆さまは、常に高いストレスに晒され、精神的・肉体的に酷使されています。そんな中、がんの発症リスクを見守り、予防することが重要です。

もし万が一がんが発見された場合でも、超早期発見により治療費の軽減、回復時間の短縮を目指し、社会への早期復帰をサポートします。

また、がんが発見された際には、適切な精密検査機関や治療病院、医師を迅速に提案し、経営者の皆さまが狼狽することなく、安心して治療に専念できる環境を整えます。

 

全国の中小企業経営者の皆さまへ

当事業のターゲットは、日本全国にいる中小企業の経営者の皆さまです。

経営者は、長時間労働、不安定な生活習慣、頻繁な会食、ストレスの多さなどにより、がん発症のリスクが一般の方よりも高くなりがちです。

私たちは、そんな経営者の皆さまの健康を守るために、このサービスを提供しています。

心あたりはありませんか?

常に経営者の皆さまは、以下のような健康リスクに直面しています。

①労働時間が長く生活習慣が不安定

 
 

企業経営者の労働時間は通常、平均的な従業員よりも長い傾向があります

経営者は、会社の方針を決定し、業務の監督、新しい事業の開発、クライアントや投資家との関係維持など、多岐にわたる責任を負っています。これらの責任は、定時での勤務を超える長時間労働を必要とすることが多いです。


さらに、経営者はビジネスが常に進行中であるため、休日や夜間でも働くことが求められることがあります。企業の規模や業種、個人の働き方によっても異なりますが、一般的に経営者は高い労働時間と圧力に晒されていると言えます。このような状況は、健康リスクを高める要因となり得ます。

ストレス、不規則な食生活、睡眠不足などは、慢性的な健康問題を引き起こす可能性があり、特に長期間にわたる場合、重篤な病気のリスクを高めることが知られています。

全国約8000社の中小企業経営者に対し、大同生命が実施したアンケートで、経営者の1日の平均労働時間が「10時間以上」と答えた割合が約29%に上りました。若い経営者ほど労働時間が長くなる傾向がありました。

業務内容を詳しくみていくと「経営管理」に次いで、人事・経理など「事務作業」に時間が割かれており、従業員規模が大きい会社ほど、これらの割合が増える傾向にあることがわかりました。

経営者の1日労働時間を9~10時間とする回答が最も多く、全体平均は9時間26分となっていました。白書では「小規模事業者の人手不足への対応として『経営者の労働時間を増やし対応』しているとの回答が多い」と解説しています。

②常に高いストレスに晒されている。

企業経営者が常に高いストレスに晒されていることは、がんの発症リスクを高める可能性があります。

ストレスは体内の様々な生物学的プロセスに影響を及ぼし、免疫系の機能を低下させることが知られています。免疫系が弱まると、がん細胞の成長を抑制する能力が低下し、がんの発症リスクが高まる可能性があります。

加えて、ストレスは他の健康に悪影響を及ぼす行動へと導くことがあります。たとえば、ストレスを感じる人は不健康な食生活に走りやすく、運動不足に陥りがちです。また、ストレスにより睡眠の質が低下することもあります。

これらの要因はすべて、がんを含む様々な健康問題のリスクを高める可能性があります。

しかし、ストレスが直接的にがんの原因となるわけではありません。がんの発症は複雑な要因によって影響を受けるため、ストレスだけががんのリスクを決定するわけではないことに注意が必要です。

生活習慣、遺伝的要因、環境要因など、多くの要素が関連しています。それでも、高ストレスのライフスタイルは健康に悪影響を及ぼす可能性が高いため、ストレス管理と健康的な生活習慣を促進することが重要です。

③頻繁な会食により食事の栄養バランスが崩れている。

会食の機会が多く、アルコール摂取量の増加。

企業経営者が頻繁に会食に参加することが、食事の栄養バランスに悪影響を及ぼし、それががん発症リスクを高める可能性はあります。会食はしばしば外食を意味し、外食には次のような健康上のリスクが関連しています。

1.栄養バランスの欠如

外食の料理はしばしば高カロリーで、脂肪や糖分が多く含まれていますが、必要なビタミンやミネラルが不足している場合があります。

2.過剰な塩分摂取

外食の多くは塩分が高い傾向にあります。塩分の過剰摂取は高血圧のリスクを高め、間接的にがんのリスクを増加させる可能性があります。

3.アルコール消費

会食ではアルコールが頻繁に消費されることがあります。過度のアルコール摂取は特に肝臓がんや食道がんのリスクを高めることが知られています。

しかし、会食が自動的にがんのリスクを高めるわけではありません。がんの発症リスクは、食生活の全体的な質、生活習慣、遺伝的要因、環境要因など、多様な要素に影響されます。会食の際でも健康的な選択をすること、日常的にバランスの取れた食事を心がけること、定期的に運動を行うことなどによって、がんのリスクを管理することが可能です。

結局のところ、がんのリスクを考慮に入れた生活習慣の改善が重要であり、会食の頻度やスタイルを含めた食生活全般の見直しが有効です。

⑤長時間労働とストレスによる睡眠不足ががんリスクを増大。

企業経営者が長時間労働と高ストレス環境にさらされていることが睡眠不足を引き起こし、それががん発症リスクを高める可能性はあります。睡眠は身体と心の健康にとって非常に重要な要素で、以下のような理由から睡眠不足はがんリスクの増加に関連していると考えられています:

 

1.免疫機能の低下:

睡眠は免疫系の機能を正常に保つのに役立ちます。睡眠不足は免疫系の効率を低下させ、がん細胞の成長や拡散に対する身体の防御力を弱める可能性があります。

2.ホルモンバランスの乱れ:

1.睡眠はホルモンのバランスを保つのに重要です。例えば、睡眠不足はメラトニンの分泌を減少させることがあり、これががん細胞の成長に影響を与える可能性があります。

3.ストレスとの関連:

睡眠不足はストレスレベルの上昇につながり、長期的なストレスは免疫系に悪影響を及ぼすことが知られています。

ただし、睡眠不足ががんの直接的な原因となるわけではありません。がんの発症には多くの要因が関与しており、睡眠不足はリスク要因の一つに過ぎません。また、個人の体質や生活習慣、環境要因、遺伝的要素などもがん発症のリスクに影響を与えます。

企業経営者としては、長時間労働やストレスによる睡眠不足に注意し、適切な睡眠習慣を確立することが重要です。質の良い睡眠を確保し、ストレス管理を行うことで、がんを含む様々な健康リスクを低減することが可能です。

 

⑥飲食の機会が多く、運動不足による肥満症ががんリスクを引き上げる。 

企業経営者が飲食の機会が多く、運動不足によって肥満になりがちである場合、がん発症のリスクが高まる可能性はあります。肥満はさまざまな種類のがんと関連していることが科学的に示されています。以下は、その理由のいくつかです:

 

1.ホルモンの変化:

肥満は、エストロゲンやインスリンのようなホルモンのバランスを変える可能性があります。これらの変化は、特に乳がんや子宮内膜がんなど、ホルモン感受性のがんのリスクを高めることが知られています。

2.慢性炎症:

肥満は体内の慢性的な炎症を引き起こすことがあり、炎症はがん細胞の成長を促進する可能性があります。

3.代謝の変化:

1.肥満は、体内の代謝を変化させ、がん細胞の成長や拡散に影響を与える可能性があります。

 

4.運動不足:

定期的な運動はがんリスクを低減するとされています。運動は体重管理に役立ち、免疫機能を改善し、ホルモンバランスを正常化する効果があります。

 

しかし、肥満や運動不足ががんの唯一の原因となるわけではありません。がんの発症は多くの要因によって決定され、生活習慣、遺伝的要素、環境要因などが複雑に絡み合っています。肥満や運動不足は、がんリスクを高める可能性のある要因の一つですが、それだけでがんが発症するわけではないのです。

企業経営者としては、頻繁な飲食の機会や忙しいスケジュールによる運動不足に注意し、健康的な生活習慣を心がけることが重要です。バランスの取れた食事、定期的な運動、適切な体重管理は、がんのリスクを低減するのに役立つだけでなく、全体的な健康状態を改善するのにも効果的です。

 

がん安心サポートが提供する

6つのサービス

 
AdobeStock_458226747.jpeg

①がん検査キット
「サリバチェッカー」

加入者は市販価格より安価で購入可能。自宅で簡単にがん検査が実施できます。

AdobeStock_668912077.jpeg

②予防指導

がん発症を予防するための食事方法や運動方法に関する指導やテキストが提供されます。

AdobeStock_623592198.jpeg

③人間ドックの紹介

「サリバチェッカー」でがんが疑われる場合、提携する全国の人間ドックを紹介します。

AdobeStock_623592203.jpeg

④人間ドックの割引

加入者は通常価格よりも割引価格で人間ドックの検査を受けられます。

AdobeStock_627298217.jpeg

⑤がん治療病院・ドクターデータベース

人間ドックでがんと診断された際、当社独自の調査による全国のがん治療病院やドクターのデータベースから最適な病院を検索できます。

AdobeStock_505133920.jpeg

⑥その他、お客様のご要望にあわせたケアサービス

手術前・手術後の不安解消やセカンドオピニオンの紹介など治療中のあらゆる場面で発生する患者様の不安に対し、専門的知識を備えたスタッフがご対応いたします。

手術申込: 検索後、希望する病院に手術の申込が可能です。

このサービスに加入する

7つのメリット

 

①治療の成功率の向上

がんは早期に発見されればされるほど、治療の成功率が高まります。早期の段階でがんを発見することで、治療がより効果的になり、完治の可能性が高まります。

②治療方法の選択肢が広がる

 

早期発見により、侵襲性の低い治療方法や体に優しい治療オプションを選択できる可能性が高まります。これにより、副作用を最小限に抑えながら治療を行うことが可能になります。

③治療コストの削減

がんが進行すると、治療にかかる費用は大幅に増加します。早期発見により、治療期間が短くなったり、高価な治療法や長期の医療介護が必要なくなるため、経済的な負担を軽減できます。

④社会復帰が容易に

早期にがんが発見され治療される場合、社会復帰までの時間が短縮されます。これにより、仕事や日常生活への影響が最小限に抑えられ、生活の質を維持することができます。

⑤精神的な安心感

がんの早期発見は、精神的な安心感をもたらします。進行がんの不安やストレスから解放され、治療に対する前向きな姿勢を維持しやすくなります。

⑥家族・従業員への影響の軽減

 

がん患者だけでなく、家族にも大きな影響を与えます。早期発見と治療により、家族への精神的、経済的負担を軽減することができます。

⑦予後の改善

 

早期に治療を開始することで、がんの再発や転移のリスクを低減し、全体的な予後を改善することが可能です。

「がん安心サポート」のようなサービスに加入することで、定期的ながん検査や健康管理が容易になり、これらの大きなメリットを享受することが可能になります。

​最後に

私たちは、中小企業経営者の皆さまが、健康上の不安を抱えずに事業に専念できる環境を提供することに尽力しています。

がん安心サポートに加入して、ご自身の健康を守り、安心して経営に集中していただくための一歩を踏み出しましょう。企業の未来は、経営者の皆さまの健康から始まります。今こそ、自分自身と大切な従業員のために、積極的な健康管理を始めましょう。

「がん安心サポート」は、中小企業経営者の皆さまの健康を第一に考え、がんリスクを最小限に抑えるための強力なサポートを提供します。

今日から、健康な未来への一歩を踏み出しましょう。

bottom of page